日本のお祭りで着る12

日本のお祭りで着る12着に日本を

ホリデーシーズンのピーク時訪れると、色とりどりの不思議な世界に入ります。性別や社会的地位に関係なく、観光客を祝うために誰もがゴージャスで華やかな服を着ているのを見つけるでしょう。観光客として、きっとお祭りに参加したいです!ただし、何を着るかわからない場合は難しいです。

幸いなことに、 福野山 よさこいでは、その一部を見て、真に本​​格的な日本のお祭り体験を体験するお手伝いをします。

服装

まずは何を着るかから始めましょう。これは見た目の最大の部分なので、あなたの服に多くの努力を払う必要があります。 

法被と袢纏(コート&ジャケット)

太鼓の演奏やお祭りで日本に来るときは、法被を着るのが理想的です。友達のグループと一緒にいる場合は、団結のしるしとして、すべての人が同じ法被のスタイルと色を着ることを強くお勧めします。 

技術について話すとき、これらは2つの異なる衣装です。法被は薄くて均一な特徴があり、袢纏は氷点下を防ぐためにパッドが入っています。 

ただし、これら2つは交換可能であり、着用者は好みを選択できます。地元の人の中には両方を同じものと呼んでいる人もいるので、言葉の意味も交換可能になり始めています。 

「しるし番天」は、衿と裏に家紋のグループ名が刻印された、日本人がお祭りのコートとして使用しているものです。しかし、多くの人は、実際の名前でコートを参照する代わりに、「法被」と「袢纏」を使用することを選択しました。このコートは、日本の江戸時代に使用されたことで最もよく知られていました。

これらの衣装は、地元の人々が武士が着用する「羽織」のジャケットを着用することを禁じられていた時期にも人気がありました。今日、これらの服は、楽しいお祭りやマーケティングキャンペーン、さらには一部の旅館でのビジネス目的でも着用されています。

鯉口シャツ

日本で最も人気のある服の1つです。鯉の口を思わせる細い袖口の形にちなんで名付けられました。はらがけエプロンと股引パンツの下に七分袖のタイトなシャツが特徴です。さらにスタイリッシュに見せるために、シャツを着ている間は必ずシャツをはめ込んでください。 

浴衣(ローブ)

「ゆかたびら」の略で、この特別なローブは、日本の過去の入浴時に伝統的に着用されていました。日本人はこのローブを着ていたので、特定の寺院でスチームバスをしているときに裸で見える必要はありませんでした。結局のところ、日本の宗教的慣習は、裸でお互いを見ることを禁じています。 

しばらくすると、浴衣は入浴後の汗を吸収するバスローブになりました。その後、夏の暖かい時期に普段着として着られると、その目的は再び変わりました。今日では、それはその浴室の衣類の性質を残し、今では夏のウェアフェスティバルで素晴らしい花火大会を見るための衣類として受け入れられています。 

原垣(エプロン)

職人や人力車の男性は、法被の下にこの特別なエプロンを着ていることで知られています。英語に翻訳すると、この服は「腹」(ハラ)と「何かを置く」(ガケ)を意味します。 

これは、日本人が寒くなり、ソースが多い食べ物で衣服が汚れるのを防ぐための追加のレイヤーとして作成されました。歴史家によると、それは日本の江戸時代に存在していました。

また、エプロンの裏側と表側の両方にポケットが付いているので、ユーザーはコインを入れることができます。祭りでは、原岳は太鼓奏者の通常の選択でした。

股引(パンツ)

最後に、股引パンツで見た目を完成させます。これらのパンツは、どんなユーザーにも理想的なルーズフィットまたはタイトフィットのいずれかとして特徴付けられます。 

履物

お祭りを快適に歩き回れるようにするには、適切な履物を履く必要があります。ですから、日本のお祭りでは、リラックスした旅行体験をするために、必ず次の靴を履いてください。

足袋

日本の文化では、足袋は伝統的に地域全体の多くの太鼓公演やお祭りで使用されています。その外観は、足の親指を他のつま先から離して配置することを特徴としています。 

その起源は、より古くからある日本の履物「しとず」に基づいた奈良時代にまでさかのぼります。平南時代、これらの靴は当時の「ぞうり」の靴と並行して着用されていました。

日本の古くからの足袋は革でできていることで知られており、長くて管状で、長く強く締められています。その後、江戸時代の半ばに、布足袋の変種が登場し始めました。その後、足袋の白い変種が登場し、女性の間で信じられないほど人気が​​出ました。一方、足袋のネイビーブルーのバリエーションは、男性にとって頼りになる選択肢となりました。 

しかし、時が経つにつれ、足袋の使い方が変わりました。ホワイトバージョンは女性だけのものではありませんが、旅行にはフォーマルウェアとネイビーが使用されていました。ゴムが日本の材料カタログの一部になったとき、それは足袋の底に取り付けられました。 

この足袋の最終形態は、多くの祭り、特に長距離の旅行を必要とする祭りで使用されてきました。

草履&セッタ(サンダル)

これらの特別なサンダルは、「花尾」と呼ばれるストラップが接続された木製の靴底を持っていることで知られています。草履は、日常の靴として着用することを目的としており、竹の皮、ラッシュ、ストローを使用して作成されています。

より高級なバージョンのサンダルの場合、セッタは伝統的に着用されるものです。作るために使用される通常の材料に加えて Zouri サンダルを、Settaは、その背面にレザーソールを持っています。また、生産に鉄を含むバリアントもあります。この鉄の変種を持って歩き回るときは、あなたの知性のレベルを示すために音を出すのが最善です。 

セッタは、軽い草履とは異なり、足元に長く留まるため、お祭りで非常に人気があります。これは伝統的に足袋の靴下のバリエーションで着用されます—厚い靴下が取り付けられていないものです。 

アクセサリー

いくつかのアクセサリーがなければ、見た目は完全ではありません!ですから、あなた自身をカラフルな祝祭の真の一部にするために、あなたにこれらのアイテムのいくつかを持っていることを確認してください。

前兆(マスク)

日本のお祭りの多くは、偉大な人々や神話上の存在の物語を描くために複雑なマスクを着用しています。これらのキャラクターの中で最も人気があるのは、「おかめ」と「ひょっとこ」です。

おかめは、丸みを帯びた顔、平らな鼻、垂れ下がったまぶた、大きな額と高い頬骨、そして愛らしい笑顔の女性キャラクターが特徴です。 「おたふく」または「おふく」とも呼ばれます。この仮面は、伝統的に「神楽」や「獅子舞」の獅子舞の言葉です。 

岡目には「ひょっとこ」という男性のパートナーがいます。彼は口がしわが寄った面白いキャラクターとして特徴付けられます。彼の名前は、「火の男」を意味する「ひょっとこ」という言葉に由来しています。彼のしわが寄った口は、竹の吹き矢を使って火を噴くことを意味します。このマスクは通常、多くの民俗公演中に岡目と一緒に見られます。 

扇(ファン)周知の事実

ファンが日本文化に欠かせない存在であることはです。それらは温度維持のためにそしてまた儀式の目的のために使用されました。 

一部の歴史家によると、この扇子は日本の奈良時代の木製の「木簡」の錠剤に基づいて作成されました。当時は「五節舞」や「白拍子」などの日本舞踊の土台として使われてきました。これにより、扇ファンは日本の伝統芸能の世界に欠かせないものになりました。

このツールの他の用途には、神々の崇拝、ゲームアイテム、リーダーシップツール、さらには友人や家族への贈り物にも使用されます。

手ぬぐい

綿で作られたこの特別なタオルは、日本で多くの方法で使用されています。ヘッドバンド、スピリチュアルアイテム、お祝いの贈り物など、手ぬぐいは、素晴らしい日本のお祭りをしているときにいつでも追加できる素敵なタッチです。

笠(帽子)

笠の帽子は、その製法によってさまざまな名前が付けられていますが、元のバージョンが人気があるため、名前が付けられ続けています。また、発掘調査が行われると、多くの日本の墓の中にオリジナルの笠の帽子が見つかっているという事実にも裏付けられています。 

本来の使用では、日常生活のストレスから逃れる方法として使用されます。これは帽子のサイズのせいで、着用者の身元を隠すことができます。今日では、ダンサーがお祭りで使用する衣装アンサンブルの一部として使用されています。 

Tekkou(リストバンド)

お祭りの期間中、あるいは仕事をしているときは、Tekkouを持っておくとよいでしょう。その柔らかな質感のおかげで、潜在的な損傷から手首を安全に保つことが知られています。 

それは柔らかい生地から作られ、ひも、フック、またはベルクロテープのいずれかを使用して手首の周りに固定されます。大規模な祭りでは、神輿と「だし」の浮きから手首を安全に保つために鉄工が使用されます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です