日本で行く必要のある4つの楽しい休日

日本で訪れる楽しい休日

広大な文化のために、日本はいくつかの素晴らしいお祭りを作りました。最高の人生を祝うものから彼らの宗教のものまで、日本のお祭りで経験することはたくさんあります。そのことを念頭に置いて、多くの観光客が日本の豊かな祭り文化を体験したいと思っています。 

今日は 福野山 よさこいで、これらの素晴らしいお祭りと、それらに参加することで期待できることを探求します。

1月/ 2月:訳さ

雪まつり「さっぽろ雪まつり」とれ、北海道で約1週間続く特別イベント。 1950年から、雪まつりは日本で最も人気のある冬祭りの1つとして知られています。 

当初、このイベントは、高校生が北海道の公園に雪像を建てたときに実現しました。しかし、このイベントは雪だるまのルーツを超えて成長し、息を呑むようなプロが作った氷の彫刻が多くの日本の公園を飾っています。 

3月:お水取り

このお祭りは別名「神聖な水を引くお祭り」で知られています。このイベントは3月に開催され、奈良市で2週間以上続きます。これは仏教の祭りとしても知られており、参加者の過去の不正行為を一掃し、新年に2度目のチャンスを与えることを目的としています。イベントが終わると、桜の季節が始まります。 

注意すべき重要なことは、フェスティバルの期間中、さまざまなイベントが行われているということです。ただし、数が多すぎるため、おたみなつに焦点を当てます。

これが起こると、8メートルの火の松明がバルコニーの上に運ばれ、群衆に振り下ろされます。これは、彼らが期待できる安全で健康で幸せな新年の始まりを象徴しています。

4月:かなまら祭

彼らの時々「奇妙な」文化のために、日本はいくつかの奇妙な祭りがあることで知られています。それらすべての中で最も奇妙なのは? 4月の悪名高い「かなまら祭」。 

首都東京を舞台にしたこの川崎を拠点とするイベントは、世界中から大きな注目を集めています。毎年4月の第1日曜日に開催されるこのお祭りは、特定の地域を男根の巨大な彫刻で飾ります。 

それは多くの奇妙な起源を持っています、その1つは彼女の膣の中に悪魔が住んでいて、彼女の最初と2番目の夫の両方のペニスを噛んだ女性についてです。この致命的な問題を解決するために、地元の鍛冶屋は悪魔の歯を壊す鋼のペニスを作りました。それ以来、彼女はなんとか普通の生活を送ることができました。 

7月:祇園祭祇園祭

は日本のお祭りの中で最高だと多くの人が信じています。そのルーツはすべて、火、洪水、地震の継続的な流れを止めるために神々の慈悲を呼びかける浄化の儀式に関するものでした。 

7月中ずっと祝われ、毎年新しい活動が行われています。このイベントはとても巨大で、京都の地元の人々にも外国人観光客にも愛されています。彼らによると、エキサイティングなイベントは17日と24日に発生します。 

しかし、イベントの最も良い部分は、メインのフロート行列の前の3夜に開催される「You-yama」の瞬間です。これらの瞬間に、何人かの人々は衣装を着て行きます!ダイナミックなイベントや遊び心のあるコスチュームが好きなら、この楽しいイベントに参加してください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。